/

この記事は会員限定です

日本電産、「脱炭素」追い風 駆動モーターに自信

(更新) [有料会員限定]

日本電産に「脱炭素」の追い風が吹いている。自動車の電動化に向けた流れが加速し、成長分野と位置づける駆動モーターの需要が拡大。ギアなどと組み合わせたシステム製品「E-Axle」は2019年4月の生産開始以来、累計販売台数が10万台を突破した。1月からは出力を変えた新製品の量産も始まり、永守重信会長兼最高経営責任者(CEO)は「内燃車から電気自動車(EV)に代わり、高価格な業界から低価格になる」と強調する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1435文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン