/

四国銀、取引先のベトナム進出支援

四国銀行は22日、岐阜県が地盤の大垣共立銀行のベトナム現地法人であるOKBコンサルティング・ベトナムと同日付で業務提携を結んだと発表した。四国銀の取引先がベトナム進出を考えたり事業展開をさらに強化したりする場合、大垣共立銀の現法に橋渡しする。

四国銀は四国4県や関西圏の取引先の中で特に製造業のニーズがあるとみている。ベトナムの経済発展に伴い、製造各社は海外での製造拠点としての役割だけではなく、現地企業への出資や現地での販売をうかがうケースが増えているからだ。

取引先は現地で法人を設立するノウハウやどう運営すればいいか、販売先の開拓といった実務を現法にアドバイスしてもらう。取引先はその際、現法に手数料を支払う。

現法は地方銀行で唯一、ハノイとホーチミンの南北2拠点体制を築きベトナム全土でのコンサルティングサービスを展開している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン