/

兵庫県、緊急事態宣言の解除要請を検討 新型コロナ

コロナ対策本部会議に臨む兵庫県の井戸敏三知事(22日、兵庫県庁)

兵庫県は22日午後、新型コロナウイルス感染症に関する対策本部会議を開き、政府からの緊急事態宣言の解除を要請する検討に入った。会議の冒頭、井戸敏三知事は「(コロナ陽性者の)入院調整の状況も緩和されつつある。大阪府が政府に対して兵庫県、京都府と足並みをそろえて宣言解除を要請しようと方向づけられた。そのようなことを踏まえ、宣言の解除について相談したい」と述べた。

兵庫県は、①1週間の新規感染者数が人口10万人あたり10人以下②重症病床使用率が50%未満――をいずれも7日連続で達成することを解除要請に向けた独自基準案の柱とする。新規感染者数の条件はすでに達成。重症病床使用率についても21日まで6日連続でクリアし、井戸知事は「このような推移だと1週間連続で50%を切るような状況になると考えられる」と明言した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン