/

この記事は会員限定です

おわら風の盆の富山・八尾地区、空き家が宿泊施設に

[有料会員限定]

富山市は伝統行事「おわら風の盆」で知られる八尾(やつお)地区にある空き家を改修し、宿泊施設として活用する。運営は民間に委託し、観光やワーケーションで使ってもらう。八尾地区では9月に開かれるおわら風の盆の見物だけを目的に家を持ち続ける所有者もおり、年間を通じたにぎわい創出が課題だった。事業モデルをつくり、空き家の有効利用を促す。

古い街並みが残るエリアにある空き家3棟を合わせて約1200万円で買い取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り758文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン