/

この記事は会員限定です

食用コオロギのグリラス、廃校で自動生産 月産10倍に

[有料会員限定]

徳島大学発スタートアップ企業のグリラス(徳島県鳴門市)は食用コオロギ事業の拡大に向け、ベンチャーキャピタル(VC)から総額2億3000万円を調達した。同社は徳島県美馬市の廃校を活用し、食用コオロギの全自動生産装置を設置。生産能力を現在の10倍にする。今回の資金調達を契機に株式上場を目指す体制を整える。

VCのビヨンドネクストベンチャーズ(東京・中央)、徳島大や阿波銀行などが主体となった創業支援ファンドの産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン