/

この記事は会員限定です

カキ養殖にローカル5G活用 広島・江田島で実証実験

[有料会員限定]

エリアを限定した高速通信規格「ローカル5G」を活用し、海面下の状況を可視化してカキ養殖の生産性を高める実証実験が広島県江田島市で始まった。水中ドローンで撮影した海中の鮮明な映像のほか、養殖地の海水温や酸素濃度、カキ殻の成育状況などをリアルタイムで確認し、必要な対策を随時打てるようにする。

総務省の2020年度委託事業で、ローカル5Gの海上利用での通信品質や性能の評価もする。レイヤーズ・コンサルティ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り272文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン