/

この記事は会員限定です

島根の2社、県外企業を買収 コロナ後を見据え積極投資

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、島根県で積極的に県外企業を買収する動きが出始めた。産業機械製造のエステック(松江市)は愛知県の企業を、食品原料卸の明石屋(同)は京都府の企業を買収した。一貫生産体制の構築や販路拡大のほか、人材を確保する狙いもある。コロナ禍で経済環境は厳しいが、収束後を見据えて先手を打ち業容を拡大する。

エステックはこのほど同じく産業機械製造の「HRD Technology」(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1388文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン