/

この記事は会員限定です

国連が認めた兵庫の町工場、研究員8人で脱炭素に挑む

[有料会員限定]

環境やエネルギー分野の先端材料の開発・販売を手掛けるスタートアップ、GSアライアンス(兵庫県川西市)が世界市場で売り上げを伸ばしている。独自開発したバイオマス由来の生分解性プラスチック樹脂など同社の技術が国連機関から評価され、欧米からの受注が伸びる。年内には米国拠点を設置する計画。研究員わずか8人の町工場が先端材料群で地球環境問題に挑む。

世の中の化学製品を全て石油(の使用を)ゼロに――。同社が掲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン