/

この記事は会員限定です

金沢城公園の鼠多門・鼠多門橋―約140年ぶりに復元

映える!

[有料会員限定]

金沢城公園の西側に位置する鼠多門(ねずみたもん)と鼠多門橋。明治期に老朽化と火災でなくなってから、2020年7月、約140年ぶりに復元整備された。門は国内の城郭建築としては唯一といわれる造形を再現し、橋は耐震性を高めるため鉄骨を能登ヒバで覆った。兼六園や国立工芸館などとつながる回遊ルートの要として観光客をもてなす。

門と橋の建設時期は明らかになっていないが、江戸時代前期にはすでに存在していたことが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り668文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン