/

この記事は会員限定です

立命館大、「土」で年代測定サービス 花粉の化石を抽出

[有料会員限定]

立命館大学古気候学研究センター(滋賀県草津市)などは、砂や土など堆積物中の花粉の化石を用いて年代を測定するサービス「POLARIS」を始めた。「普通の土」に含まれる化石花粉を高純度で抽出することで正確な年代測定が可能となった。防災など幅広い場面で活用できるといい、研究機関や自治体、企業向けに有料で展開する。

化石花粉はほとんどの堆積物に含まれている。堆積物に化学処理を施した後、「セルソーター」と呼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン