/

この記事は会員限定です

百貨店の大和 3本の矢で逆風挑む 期間限定店や地元密着

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響下で、百貨店の大和が店舗や集客の戦略を転換している。有名アパレルブランドの店舗閉鎖が相次ぐ中、地元ブランドの常設店を出店したほか、期間限定の「ポップアップ店」を充実して特色を出す。アプリによる顧客獲得にも力を入れる。2021年2月期は赤字を見込むなど経営環境は厳しいが、3つの施策で逆風に挑む。

「時代に合わせた『百変化』が求められる。取引先に任せきりの百貨店は(生き残るのが)厳...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン