/

石川・福井の並行在来線会社に財政支援 政府

政府は北陸新幹線金沢―敦賀(福井県)間の並行在来線を運営する第三セクター2社に財政支援する方針を固めた。金沢―敦賀間は追加工事などにより開業が1年遅れ、2024年春にずれ込む。これに伴って三セク2社は運賃収入がないまま、人件費などの支出が長引くため、特例で支援することにした。今国会に関連法案を提出する。

金沢ー敦賀間のJR北陸線は石川・福井両県の第三セクターに移管される(金沢駅)

支援対象は、敦賀開業に伴ってIRいしかわ鉄道を延伸させる石川県の運営会社と、福井県の会社。人件費や運営費がかさみ資金不足が懸念されており、石川、福井両県が支援を求めていた。

国土交通省は、鉄道建設・運輸施設整備支援機構が2社に出資する仕組みを設ける方針で、具体的な金額は関連法の成立後に、両県などと調整する。

金沢―敦賀はトンネルの地盤膨張に伴う追加工事などで開業が当初予定していた23年春から1年遅れる。開業後は、この区間と並行して走るJR北陸線の経営が分離され、三セク2社に移る。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン