/

この記事は会員限定です

福井の黒龍酒造、日本酒のブランド再編 コロナ対応も

[有料会員限定]

日本酒醸造の黒龍酒造(福井県永平寺町)は4月、主力2ブランドの商品構成を刷新する。「黒龍」を第1ブランドと位置づけて贈答用とし、「九頭龍」は家飲みなどで身近に楽しめるブランドとする。新型コロナウイルスの感染拡大による需要の変化をとらえ、小容量瓶も増やす。コンセプトを明確にし、消費動向に対応した商品を提供して販売拡大を目指す。

入札会で価格が決まる最高級ブランド「無二」を除いて再編する。黒龍の姉妹品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り912文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン