/

バレンタイン商戦開幕 岡山高島屋、イートインも用意

岡山高島屋では前年比3割増の売り上げをめざす(20日、岡山市)

岡山市内の百貨店で20日、バレンタイン商戦が始まった。岡山高島屋は会場の一角にイートインコーナーを新設し、岡山県内の人気飲食店と企画したチョコやカカオを使うカレーライスなどを日替わりで提供する。天満屋岡山本店ではパンやパフェを期間限定で用意。新型コロナウイルス対策をしながら、来店客の増加を狙う。

岡山高島屋の品ぞろえは138ブランド約1500種類と前年並みで、初登場は前年より13多い45ブランド。新型コロナの影響で海外からの調達が難しく、国内の商品が増えたという。コロナ対策として、通路の幅を前年までの最大約2メートルから同2.5メートルに広げた。

イートインコーナーを用意しチョコやカカオを使ったカレーなどを提供する(20日、岡山市の岡山高島屋)

午前10時の開店直後から多くの客が詰めかけ、人気アニメ「鬼滅の刃」とコラボレーションした商品を中心に買い求める列ができた。2月14日までの期間中に、前年比3割増の売り上げをめざす。

天満屋岡山本店は2月15日までで、前年から10ブランド100種類ほど多い約130ブランド1600種類を用意。自分向けの需要を狙い1000円台を中心に低価格品を手厚くしたほか、岡山県産の果物を使った商品も増やした。前年比5%増の売り上げをめざす。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン