/

この記事は会員限定です

「困難な時こそ前向きに」パラ陸上砲丸投げの森卓也さん

MyWay

[有料会員限定]

足りないことを嘆くより、できることを探す。そうすると可能性の扉が開くと信じている。「困難な時こそ、何とかなると前向きでありたい」。陸上男子砲丸投げ(下肢障害などF55)で9メートル50の日本記録を持つ森卓也(46)が心がけていることだ。鳥取県米子市の養和病院医事課に勤務し、東京パラリンピックの出場を目指す。

今、壁が立ちはだかる。2018年のアジアパラリンピック5位入賞などの実績があるが、東京パラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り871文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン