/

この記事は会員限定です

京大発「ディープテック」企業、脱炭素で頭角現す

EV部材、次世代太陽電池を事業化へ

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

会員限定記事がギフトとして贈られましたが、閲覧数の上限を超えたためご覧いただけません。電子版に登録すると他の会員限定記事もお読みいただけます。会員限定プランを見る

京都大学発のスタートアップが脱炭素の世界的な潮流の中で存在感を増している。「ディープテック」と呼ばれる深い研究に裏打ちされた技術を持つ化学系の企業が立ち上がり、電気自動車(EV)向け半導体や次世代太陽電池関連で大企業との連携も始まった。研究開発型は資金調達が課題とされてきたなか、大学の支援が後押しする循環が生まれつつある。

電力ロス8割少ない半導体

「京大発だからいち早く新技術に着想できた」。半導...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3479文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン