/

この記事は会員限定です

阿波銀行、4月から65歳に定年延長 企業年金も改革

地域金融のいま

[有料会員限定]

阿波銀行は4月から定年を60歳から65歳に引き上げる。シニア社員の経験を活用する仕組みを整えると同時に、60歳以降も昇格の機会を与えることで社員のモチベーション向上につなげる。65歳定年の導入は「地方銀行では極めて珍しい」(経営統括部)。定年延長と合わせ、企業年金の運用リスクを労使で分担する制度を四国の企業として初めて導入する。

阿波銀は1月下旬に65歳定年の導入に関して労使が大筋で合意し、その後、労使で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1268文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン