/

この記事は会員限定です

森林やパルプから宝、バイオマス利用が拡大

ウエーブ四国 グリーン戦略㊤

[有料会員限定]

森林資源やパルプ生産から発生するバイオマス資源に恵まれた四国地方で、有効利用の動きが拡大している。地方の脱炭素化推進に向けた政府のロードマップに対応し、企業や自治体が発電事業や食品の使い残しの活用などに注力。新たなビジネス機会にもつなげている。天然林再生も含め「グリーン戦略」の現場の動きを伝える。

愛媛県南西部の山あいにある内子町。全体面積の約75%を森林が占める同町は、バイオマス利用を町づくりの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1624文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン