/

金沢の福光屋、写真家とコラボした日本酒

2つの酒米を使い、複雑な味わいに仕上げた

酒造会社の福光屋(金沢市)は22日、写真家の森山大道氏と共同開発した日本酒を発売する。森山氏の作品をイメージしてコクとキレがあわさった複雑な味わいに仕上げた。同氏のサイン入りボトルも販売する。

「Lip<Junmai>(リップ・ジュンマイ)」は吟醸酒向きで雑味のない山田錦と、熟成すると軽やかな味になる金紋錦の2つの酒米を使った。冷酒でも熱かんでも楽しめるという。金沢市内で現代アートの美術館を運営する林田堅太郎氏も開発に携わった。

価格は720ミリリットル入りで税別3500円。福光屋の直営店3店と自社のオンラインショップで販売する。森山氏のサイン入り(同2万5000円)は100本限定で、オンラインショップだけで扱う。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン