/

この記事は会員限定です

高知県が農業DX、AIで栽培・出荷管理 産学が参画

[有料会員限定]

農業を変革するDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みが高知で2021年度から始まる。ビニールハウスでの野菜作りの効率化を目的に、クラウド上に県内農家から集めた各種データと人工知能(AI)を集約。AIがデータを解析し、栽培から出荷まで最適な管理をスマホなどを通じて生産者に指南する。高知県が事業主体となり、全国の産学がDXに加わる。

高知県は20日、DXの仕組みを発表した。DXの核となるク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン