/

この記事は会員限定です

松山・道後の宿泊業、6割弱が一時休館 取引先も打撃

[有料会員限定]

大都市圏を中心とした緊急事態宣言が継続する中、一時は回復基調だった松山市道後地区の宿泊事業者が一時休館などに追い込まれている。1月に休館日を設ける施設の割合は6割弱に達した。食材や土産物を供給する取引事業者にも大きな影響が及び、観光客の購買力に頼っている地元商店街にも休業の動きが波及。事態の好転には、全国的な新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかかることが必須だ。

「1月は7割くらいの日数が休業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン