/

この記事は会員限定です

海底の海藻の状況、AIで把握 島根県外郭団体など研究

[有料会員限定]

島根県の外郭団体のしまねソフト研究開発センター(松江市)などは、海底の海藻の繁殖状況をAI(人工知能)を使って把握する研究を始めた。これまでは膨大な水中写真とメモを突き合わせて確認しており、手間と時間がかかっていた。写真解析にAIを導入することで海藻の状況を素早く把握し、漁業振興に役立てる。

研究は島根県水産技術センターと共同で行う。海藻の繁殖状況は餌として生育するサザエやアワビなどのほか魚類の生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン