/

この記事は会員限定です

京都銀、事業承継ファンド 地銀最大の100億円規模

[有料会員限定]

京都銀行の土井伸宏頭取は日本経済新聞の取材に応じ、事業承継に特化した新たなファンドを2021年3月に立ち上げることを明らかにした。運用総額は100億円で、同種のファンドとしては地銀最大になる。新型コロナウイルスの感染拡大で事業承継の問題が深刻になるなか、企業の存続と価値向上につなげる。

土井頭取は「新型コロナを背景に事業承継課題がさらに顕在化してきた」と指摘し、「M&A(合併・買収)による譲渡先の選択肢に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り399文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン