/

この記事は会員限定です

広島駅新ビル、2階に路面電車乗り入れ 吹き抜け空間も

[有料会員限定]

JR西日本広島支社は18日、広島駅を建て替えて2025年春に開業を予定する新駅ビルの広場デザインを公表した。JR線改札口や広島電鉄の路面電車乗り場を置く2階は、幅・奥行きがそれぞれ50㍍、高さ20㍍の巨大な吹き抜け空間を設け、「水辺の街・広島」の玄関口として壁面を穏やかな川の水面を感じられるデザインにする。

また7階の屋上広場では眼下に市街地を見渡せる大階段を置き、休憩テラスや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り175文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン