/

富山県、DXで推進本部 補佐官にfreee執行役員

富山県は18日、行政や地域産業の改革の一環として「DX・働き方改革推進本部」を設置すると発表した。DX(デジタルトランスフォーメーション)を進め、働き方改革や行政の効率化の速度を上げる。非常勤の補佐官にはクラウド会計ソフトを手掛けるfreee(フリー)の執行役員で富山県出身の川西康之氏を起用する。

新田八朗知事は「秋ごろに目標を策定し、改革を進めていく」と話した(18日、富山市)

本部の元に委員会を設け、具体策や方針を検討する。委員会のトップにはCIO(最高情報責任者)・CDO(最高デジタル責任者)として横田美香副知事がつく。富山県がCDOを設けるのは初めて。1回目の本部会議は、6月4日を予定している。

副補佐官には中小企業や官公庁のIT化を支援する「つづく」(長野県上田市)の井領明広代表取締役が就く。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン