/

この記事は会員限定です

鳥取のカニ、GoTo停止で価格下落 一時バブル期並み

[有料会員限定]

冬の名物ズワイガニの価格がここに来て下がっている。一時は政府の旅行需要喚起策「GoTo トラベル」で需要が伸び、鳥取県では昨年11月の初競りから12月末の松葉ガニ(雄のズワイガニ)の1キロ当たりの平均単価が5689円と、バブル期並みの高水準となった。しかし、GoToの一時停止により年明け以降の県内宿泊施設の予約は低調。価格のさらなる下落も懸念され、ブランド維持に気をもむ。

漁期は3月20日まで続く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1052文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン