/

この記事は会員限定です

オムロン、中国の薬局で生活習慣病検査 政府対策で需要

[有料会員限定]

オムロンは2030年までに中国全土で、糖尿病や高血圧症など生活習慣病の簡易検査を受けられる店舗を1000カ所開設する。現地の薬局チェーン大手と提携し、薬局内に検査機器などを置く。生活習慣病の兆候がある利用者に通院を促すほか、健康状態をオンラインで管理するサービスも提供。店舗を足がかりに遠隔医療サービスを浸透させたい考えだ。

日本では医師の指導のもとで有資格者が立ち会う必要があるため、薬局で簡易検査サービス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1168文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン