/

高松駅前に新キャンパス 徳島文理大、2025年移転

徳島文理大は、高松駅前に地上17階建ての新キャンパスを設置する(写真はイメージ)

徳島文理大学(徳島市)は18日、2025年4月に香川キャンパス(香川県さぬき市)をJR四国高松駅隣接地に移転すると発表した。JR四国から土地を購入し、地上17階建て、地下1階のビルを建設する。約1500人規模の学生、教職員が香川キャンパスから移るため、駅前を中心とする高松市街地の活性化につながる可能性がある。

新キャンパスの名称は「高松駅キャンパス」。6350平方メートルの敷地にビルを建てる都市型キャンパスとし、香川キャンパスの4学部含め、機能などを全面移転する。図書館や体育館、食堂なども備える。移転地は現在空き地となっており、早ければ21年12月にも着工する。

高松駅前というアクセスの良さを生かし、県内外の進学者を取り込む計画で、学生3000人が通うことのできる規模のキャンパスとして整備する。香川キャンパスは高松市街地から東へ車で30分ほどに位置し、県西部や岡山から通うには距離があった。村崎正人理事長は「学生の減少に伴い10年ほど前から移転の構想があった。県内外から通ってもらうには、四国の玄関口である高松駅前がよいと判断した」と述べた。

徳島文理大には現在、香川キャンパスと、学生約3200人が通う徳島キャンパス(徳島市)がある。香川キャンパスのグラウンドなどは学生の課外活動に利用してもらい、研究棟などについては活用方法を今後検討する。さぬき市から拠点機能が失われても地域の活力が損なわれないよう配慮する。

高松駅前に多くの学生が通うことになれば、高松市街地の活性化につながる可能性がある。移転の発表を受け、高松市の大西秀人市長は「市内中心部の拠点機能の強化などにつながるありがたい話」とのコメントを発表した。

高松駅付近では複数の開発計画が進んでいる。JR四国は駅に隣接する約2500平方メートルの保有地に商業ビルを建設する計画だ。香川県は高松市臨海エリアの再開発地区「サンポート高松」に、1万人規模のメインアリーナを有する県立体育館を設ける予定で、170億~190億円の建設工事費を見込んでいる。将来的に複数の拠点機能が集まれば、駅前のにぎわい創出につながる。

高松駅前へのキャンパス移転について会見する、徳島文理大学の村崎正人理事長(18日、高松市)

徳島文理大によると、JR四国とは2018年から協議を続けてきたという。JR四国はスポーツクラブ運営会社に移転地を貸し付けており、20年5月の契約満了後の用途を検討していた。利幅が大きい自社開発の選択肢も検討したが、中長期間にわたる負担が大きく、今春に開催した役員会で土地を譲渡する意思決定をした。

JR四国の3月時点での現預金は147億円で、新型コロナウイルスの影響を悲観的に見積もった場合、6月末に資金が尽きるとしていた。JR四国の事業開発本部の杉浦崇史副本部長は「資金繰りが厳しい状況の中で、資金が先に入る譲渡が最適だと判断した」と話す。徳島文理大とJR四国の考えが一致し、今回の移転につながったようだ。(桜木浩己、亀井慶一)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン