/

この記事は会員限定です

酒かすエサにサバ養殖 山口で「ほろ酔い」ブランドに

ウエーブ

[有料会員限定]

地酒の酒かすを養殖魚の餌(エサ)に加えてうまみ成分などを増やし、ブランド化する取り組みが山口県内で進んでいる。県産地酒の高い知名度を活用し、「やまぐちほろ酔い」魚の名称で付加価値を高める狙いだ。第1弾のサバが今秋に出荷されるほか、ウマヅラハギやアユなど他の魚種にも広げ、シリーズ化を目指している。

山口県水産研究センターが2019年度、酒かすを混ぜた餌でサバを養殖する研究を始めた。巻き網や定置網にか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1152文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン