/

この記事は会員限定です

麹づくり自在、AI杜氏 岡山のフジワラテクノアート

[有料会員限定]

大手醸造機械メーカーのフジワラテクノアート(岡山市)は人工知能(AI)を使い、日本酒の風味を決める麹(こうじ)を自在につくれる技術を開発した。麹づくりの工程で生じる菌繁殖の視覚情報と、それに応じて熟練の杜氏(とうじ)が下す状況判断をAIにインプットする。9月をめどにAI技術を組み込んだ製造装置を試作、醸造メーカーへの売り込みを始める。

麹づくりは、日本酒の原料となる蒸し米に粉末の種麹を振り掛け、麹...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り889文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン