/

愛媛知事、県内企業の環境技術を海外へトップセールス

愛媛県の中村時広知事は17日、県内企業の優れた環境関連技術をインドネシアに売り込む「トップセールス」を実施した。同国議会の副議長であるラフマット・ゴーベル氏とオンラインで結んだ会議で、中村知事は「3年間で結果を出した上で(他地域への)横展開も考えられる」と提起。ゴーベル氏は「インドネシアにとって環境問題、とりわけ水問題は大きな課題だ」と応じた。

県内企業のダイキアクシス、愛研化工機(松山市)がオンライン会議に加わった。ダイキアクシスは生活排水の処理技術をもち、愛研化工機は排水処理の過程で発生するメタンガスを発電に利用する技術に優れている。両社はインドネシアでの事業化調査に取り組み、将来の事業化を目指している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン