/

神戸市、年末年始の診療・入院に補助金 医療態勢を確保

会見する神戸市の久元市長(17日、神戸市)

神戸市は17日、年末年始の医療機関への補助を手厚くすると発表した。新型コロナウイルスの感染疑いのある外来患者を診療した場合、診療1日あたり10万円を補助する。対象は主要医療機関や地域のかかりつけ医、耳鼻科の診療所など900施設。休診する医療機関が多い期間のため、診療体制の確保につなげる狙いだ。自治体が年末年始の外来患者の受け入れに補助をするのは珍しいという。

対象期間は29日から来年1月3日。急な発熱やせきなどの症状が出た場合でも診察できる態勢を整え、市民の不安を軽減させる狙い。神戸市の久元喜造市長は記者会見で「コロナ感染の有無を確認できれば初期の治療につながる。重症化を防ぎ、病床の確保にもつながる」と話した。

あわせて同日、新型コロナ陽性患者や疑似症患者の入院を受け入れた医療機関には、患者1人あたり1日2万4000円を補助すると発表した。兵庫県の支援策と合わせると計4万8000円を医療機関に補助する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン