/

京都府・市と経営者協会 感染防止へ緊急メッセージ

京都府の西脇隆俊知事は17日、京都市の門川大作市長、京都経営者協会の小畑英明会長とともに記者会見し、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた協力を経営者に求める緊急メッセージを発表した。不要不急の外出自粛、飲食店や遊興施設の営業時間短縮、出勤者数の7割削減といった緊急事態宣言に伴う取り組みの徹底を呼び掛けた。

経営者に向けた緊急メッセージを発表する京都府の西脇隆俊知事㊥ら(17日、京都市の京都経済センター)

記者会見で西脇知事は新型コロナ感染拡大による医療提供体制の逼迫について、「通常の医療にも影響が及び、救える命が救えなくなっている」と説明。「経営者にとっては厳しい状況になっていると思うが、ご協力をお願いしたい」と述べた。門川市長は「新規感染者の高止まりは危機的状況」とし、昼間も含めた外出自粛の必要性を強調。さらに「従業員の健康観察に責任を持ち、毎日把握していただきたい」と語った。

知事、市長の発言を受け、小畑会長は「コロナ感染への不安を緩和しなければ、経済は動いていかない。そのためにはそれぞれの会社で感染防止対策を徹底することが重要」と指摘。経済の停滞が長引いていることを踏まえ、「経営者のマインドを支えていく施策を打ち出してほしい」と訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン