/

この記事は会員限定です

京都市、高さ規制の緩和検討 住民協議など条件に

ウエーブ京都

[有料会員限定]

京都市がこれまで主に公共施設などに適用している建築物の高さ規制の特例について、対象を広げることを検討している。「まちづくりに貢献」することなどを条件に、オフィスビルやマンション、商業施設などにも特例を認める方針だ。街の活性化につなげる狙いだが、規制がなし崩しになりかねない懸念もある。

特例許可制度は2007年に始まった新景観政策の時に導入された。新景観政策では規制の最上限を45㍍から31㍍に引き下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン