/

この記事は会員限定です

北陸でカニ価格下落 需要開拓へ詰め合わせ通販商品

[有料会員限定]

北陸の冬の風物詩として知られるズワイガニの価格が下落している。新型コロナウイルスの感染拡大の影響から観光客が減り、宿泊施設や飲食店からの注文が落ちこんでいるためだ。一方、割安になったカニの通販商品を企画し、シーズン終盤に需要を掘り起こそうとする動きも出ている。

福井県のブランド「越前がに」。県水産課によると、2020年12月は1キログラムあたり平均1万5796円で取引された。政府の観光需要喚起策「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り673文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン