/

この記事は会員限定です

北陸の知事、総務省出身者の独占33年で幕 富山で交代

2020回顧と展望

[有料会員限定]

「新田さんと呼んでください」。11月9日、富山県知事に就任した新田八朗氏は、職員への最初の挨拶でこう語りかけた。4期16年務めた総務省出身の石井隆一前知事は「指示が細かく、寄りつきにくいこともあった」(県職員)。ガス会社の社長から転じ、ボトムアップの行政を目指す新田氏は、意思疎通しやすい雰囲気づくりに心を砕く。

現職に6万票もの差をつけて保守分裂選を制した新田知事の誕生は、北陸3県の行政が転機を迎...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン