/

北陸電力、日産の販売店と協業 EV向け料金割引で

北陸電力は16日、電源をすべて水力発電で賄うプランの加入者が電気自動車(EV)などを買った場合に電気料金を割り引く制度で、日産自動車の販売店と協業すると発表した。申請書を北陸3県にある店舗に置き、利用者に申し込んでもらう。

日産自動車の販売店に申請書を置く(富山市の北陸電力本社)

北陸電のサービスの名称は「環境・エコカー割」で、電源をすべて水力で賄う「アクアECOプラン」に加入していた場合、EVや燃料電池車などを持っていれば使用電力量1キロワット時につき0.5円安くなる。協業する店舗数は3県で計43店。17日から受け付けを始める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン