/

この記事は会員限定です

岡村文具、最適な職場づくり提案 本社をショールームに

going

[有料会員限定]

鉛筆1本の販売から、よりよい職場づくり指南へ――。高知市の老舗企業、岡村文具は文房具店から脱皮し、オフィス家具販売やIT(情報技術)を使って職場空間の改善を提案する会社へと変身した。2020年2月には本社ビルを改装して社員が新しい働き方を実践、その姿を顧客が見学できるようにした。

創業は1930年。現社長である岡村憲男氏の祖父が同市中心部で興した岡村文具店は、社名通り文房具店だった。「市役所に出向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン