/

この記事は会員限定です

ローム、ロボット向け省エネ半導体開発

[有料会員限定]

ロームはロボットなどの産業機器に搭載する新たな半導体を開発した。従来品に比べて熱の発生量を最大6割削減できるため、無駄なエネルギーを消費しなくて済む。すでに月産100万個を量産する体制を整え、一部の中国メーカーでの採用が決まっている。付加価値の高い省エネ半導体を投入しシェア拡大につなげる。

モーターなどに電力を供給するためのスイッチの役割を担う「PchM...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り171文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン