/

阪神大震災26年 コロナを越えて、再成長へ歩み止めず

先端医療の研究機関が集まる神戸医療産業都市(神戸市中央区)

1995年の阪神大震災から17日で26年となった。震災から四半世紀の節目が過ぎ、神戸市を中心に、産業分野ではスタートアップ企業の誘致・育成が軌道に乗り始め、既存の重厚長大型企業の間でも新分野開拓が加速している。街づくりでは、神戸市心部・港湾地区活性化のほか、郊外ニュータウンの再生構想も進む。

ただ取り組みをさらに進めようとするさなか、新型コロナウイルス禍に見舞われた。震災からの復興事業にメドをつけ改善傾向だった兵庫県や神戸市の財政状況には再び逆風が吹く。先端医療分野などの成長産業をさらに伸ばし、にぎわいも呼び込む。震災とコロナ禍を乗り越え、再成長に向けた歩みは止めない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン