/

この記事は会員限定です

南紀白浜空港、申請書「手書き」廃してDX 運用効率化

[有料会員限定]

南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する南紀白浜エアポート(同)は、空港運用業務を効率化する。制限区域への立ち入り申請などは現在も紙ベースだが、NTTデータなどと組んでクラウド対応のシステムを構築しデジタル化を進める。DX(デジタルトランスフォーメーション)で立ち遅れる全国の空港にも導入を促す。

多くの空港では制限区域に工事関係者などが出入りする際、その都度「立ち入り承認申請書」や「車両使用承認申請書」などを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1091文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン