/

この記事は会員限定です

マツダのロータリー搭載EV、航続距離が焦点に

起死回生への新型車(下)

[有料会員限定]

6気筒エンジンなどクルマ好きに刺さる機能を詰め込んだ「ラージ商品」のほかに、マツダが2022年に発売する新型車がロータリーエンジンを発電機として載せた電気自動車(EV)だ。各メーカーからEVの投入が相次ぐ中、差別化につながると期待される。1度の充電で現在(電池のみ)200キロメートルの航続距離を、どこまで延ばせるか、実際に乗った際に長所をどれだけ感じてもらえるかが焦点になる。

ロータリーエンジンは気筒の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1781文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン