/

立ち往生で近く再発防止策 国や関係機関、福井の大雪

国土交通省近畿地方整備局は15日、大雪の影響で福井県の北陸自動車道や国道8号で大規模な立ち往生が発生したことを踏まえ、福井市で臨時会議を開いた。自治体や中日本高速道路、自衛隊などの関係機関も参加、初動対応や情報共有が適切だったかどうかなどを検証し、1週間をめどに再発防止策をまとめる。

会議にはオンラインも含め約30人が出席。同整備局の植田雅俊道路部長は冒頭「2018年2月に起きた立ち往生を受けて備えをしてきたつもりだったが、十分だったのかを早急に検証し、次の雪に生かさないといけない」と述べた。

北陸道では、9日から10日未明にかけて上下線で延べ約1500台が動けなくなり、並行する国道8号でも断続的に渋滞が起きた。

これまでに、国や中日本高速がチェーンを付けていない車両の通行規制を見送っていたことや、県への立ち往生の情報提供遅れといった課題が指摘されている。

中日本高速の担当者は会議後「事前通行止めや、チェーン規制の判断基準の見直し、国道と連動した除雪など、国や県と一緒に対応を整理したい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン