/

広島市中心部の酒類提供飲食店に時短要請 17日から 

記者会見する湯崎知事(15日、広島県庁)

広島県は15日、広島市で新型コロナウイルスの感染が急拡大していることを踏まえ、同市中心部で酒類を提供する飲食店に対して営業時間の短縮を要請する。期間は17日から来年1月3日まで。酒類提供は午後7時まで、営業時間は同8時までとするように求める。対象とするエリアには中四国地方最大の歓楽街の流川・薬研堀地区や、広島駅周辺などを含める。

酒類の提供時間と営業時間の両方を短縮する事業者向けには、1店舗当たり72万円の協力金を支給する。酒類を提供する飲食店のうち、17日~1月3日の間を休業した場合は1店舗当たり82万円を支給する。協力金の総額は約65億円を見込み、財源には国の交付金を充てる。広島県の湯崎英彦知事は「会食などでの感染拡大を防ぐ必要がある」と話し、飲食店に協力を求める。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン