/

フジッコ、関東工場で豆製品生産能力2倍に 55億円投資

フジッコは15日、煮豆や蒸し豆など豆製品を生産する主力の関東工場(埼玉県加須市)で新工場棟を稼働させたと発表した。55億円を投じ、豆製品の生産能力を従来の1日13万パックから25万パックに倍増させた。新型コロナウイルス禍での巣ごもり需要の増加で、家庭の食卓での引き合いが強まっている。ロボットなど省人化設備も導入し、能力増強につなげた。

関東工場は豆製品の主力工場で、同社全体の約3割の生産量を担う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン