/

「志賀原発敷地内に活断層なし」 北陸電、規制委に説明

原子力規制委員会は15日、北陸電力志賀原子力発電所2号機(石川県志賀町)の審査会合を開いた。北陸電力は評価対象となった原発敷地内を通る10本の断層について、鉱物や地層の状態からいずれも活断層でないと説明した。

北陸電力は志賀原発2号機の敷地内を通る断層10本について「活断層ではない」と説明した

同社は掘削して得られた資料を示し、地層の生成された時代などを明らかにしながら「12万~13万年前以降に断層の活動はない」と報告した。一部の委員からはデータの補充が求められた。規制委側は「(断層の活動性は)現地を見て最終的判断をしたい」と話した。

北陸電は今後について「敷地周辺の断層についても説明を行っていく」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン