/

この記事は会員限定です

ビーイングHD、自走ロボ導入 物流受託を効率化

[有料会員限定]

物流業のビーイングホールディングス(HD)は6月、自走式の搬送ロボットを導入する。物流拠点内の目的の場所まで障害物を避けながら食品などを運べる。取引先であるドラッグストアや食品卸は新型コロナウイルスによる巣ごもり消費で商品の取扱量が増えている。人の負担を減らし、仕分けや出荷の作業を効率よく進める。

オフィス家具大手のオカムラが開発したロボットを導入する。センサーで周囲の状況を把握し、地図作成や自分の位置を推定できる「SLAM」と呼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン