/

この記事は会員限定です

愛媛の生糸産地、後継者育成へ一歩 商品開発にも広がり

[有料会員限定]

かつて高級品の「伊予生糸」の産地として、養蚕と製糸で栄えた愛媛県南予地域を中心に、後継者育成の動きが出始めた。この1年、蚕舎の新設や製糸作業を行う繰糸工の増員などが続いている。帯など繊維製品向けだけでなく、工程で出る副産物を使った商品開発も進む。

西予市野村町にある西予市野村シルク博物館。周辺の養蚕農家から出荷された繭の保管や製糸作業を行う設備を構える。繭から糸をひく作業に取り組むのが「繰糸工」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン