/

この記事は会員限定です

震災26年、 神戸市長「成長分野に投資、果実を市民に」

阪神大震災26年 コロナを越えて

[有料会員限定]

1995年の阪神大震災から17日で26年を迎える。神戸市では新型コロナウイルス禍により税収減が見込まれるが、コロナ収束後を見据えた街づくりに向け投資の手を緩めない。神戸市の久元喜造市長に今後の都市運営のあり方を聞いた。

――新型コロナ禍で市税収入が減る見込みです。それでも再開発など街づくりへの投資を積極的に進める理由は。

「一般財源をどう確保するかという問題と、投資的経費をどれくらいにするかという...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1839文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン