/

マルトモ、小容量のだしパックを3月発売 購入しやすく

マルトモは「だしパック」シリーズで新商品を投入する

削り節大手のマルトモ(愛媛県伊予市)は3月1日、調理が簡便な「和食の力だしパック」シリーズで、お試し購入がしやすい8袋入り(1袋8グラム)の小容量商品を発売する。同時に新しい風味の「あごだし」も投入する。どちらも参考価格は税別350円。2020年に発売した30袋入りの通常商品の販売が好調なことから、品ぞろえを充実させる。

だしパックはソウダガツオ節やサバ節、カツオ節、昆布など6種類のだし素材を35%以上配合。食塩やしょうゆなどで味付けしてあり、うま味とコクが強い。水に入れて沸騰後、3分間煮出すだけで本格的なだしが取れるという。

マルトモによると、味付きタイプのだしパックは使い勝手がいいことから、市場は堅調に拡大している。風味豊かな「あごだし」も追加し、新規顧客の獲得を狙う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン